logo

「Microsoft Edge」の第一印象--大きく生まれ変わったMS製ブラウザ

Nate Ralph (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年05月20日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらば「Project Spartan」、ようこそ「Microsoft Edge」。Microsoftは同社のBuildカンファレンスで、「Internet Explorer」に代わって間もなく登場するブラウザの正式名称と、いくつかの新機能を発表した。Edgeという名称は、ユーザーが求める最先端(Cutting edge)のウェブ機能が搭載されることを表している。筆者としては、「Cortana」のようにゲーム「HALO」にちなんだ名前を採用してくれなかったのは残念だが、そこまでは望みすぎというものだろう。

 Microsoft Edgeを実際に使うには、「Windows 10」テクニカルプレビューの最新ビルドを実行する必要がある。ただし、Windows 10の最新ビルド(本稿執筆時点でビルド10074)でも、ブラウザ名はまだProject Spartanとなっている。名称の変更と新しいロゴの追加も、間もなくのはずだ。

 Windows 10と同様、Edgeも大々的にリリースされる準備が整っているわけではない。ウェブ表示はもたつくことがあり、そうこうしているうちに突然まったく動かなくなってしまう。リンクをクリックしても何も起きない。もう一度、そして何度もクリックしていると、もう諦めようかというころになって、同じタブがいくつも表示される。

探している情報を、Cortanaが検索バーに入力してくれる。
探している情報を、Cortanaが検索バーに入力してくれる。
提供:Nate Ralph/CNET

 また、現在のウェブ閲覧が特別なものだと感じることができる、ちょっとした不具合もある。それは、筆者もほとんど忘れかけていたような事柄についてだ。「Google Chrome」では、音声が再生されるすべてのタブに小さなスピーカーのアイコンが表示され、自動再生される動画の煩わしい音声を消すことができる。Edgeでは、実際のスピーカーを消音に設定するか、大あわてで手当たり次第にタブを閉じる羽目になった。「Firefox」とChromeでは、重要なタブを固定して最小限のスペースで表示したままにすることができる。Edgeでは、タブの数を減らして使うことにした(ともかく、これは自動再生動画への対処にも役立つ)。

 こうした問題のほとんどは、Edgeで拡張機能がサポートされるようになれば解消されるだろう。Microsoftによれば、ChromeとFirefoxでおなじみの拡張機能を「わずかな変更」だけでEdgeに移植でき、新しいブラウザを試すときの大きな障壁が1つなくなるという。

バーのウェブサイトだろうか。Cortanaは、重要な詳細情報をサイドバーに表示できる。
バーのウェブサイトだろうか。Cortanaは、重要な詳細情報をサイドバーに表示できる。
提供:Nate Ralph/CNET

-PR-企画特集