logo

パイオニア、音場補正技術「MCACC Pro」搭載の7.2ch AVアンプなど2機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアは5月14日、パイオニアブランドから「MCACC Pro」搭載の7.2ch AVアンプ「VSA-1130」と、「Advanced MCACC」搭載の5.2ch AVアンプ「VSA-830」を発表した。5月下旬に発売する。

  • 「VSA-1130」

 VSA-1130は、「Dolby Atmos」対応デコーダを搭載し、7ch出力に対応した5.2.2chシアターの構築が可能。パイオニアの音場補正機能MCACC Proより、トップスピーカまたはイネーブルドスピーカのどちらを使用しても、すべてのスピーカの音がシームレスにつながって一体化し、3次元音場を正確に再現する。

  • 「VSA-1130」背面

 上級機の「ダイレクトエナジーデザイン」を継承し、アナログ/デジタル回路の独立電源化やパワーアンプ部の伝送経路の最短化、クリーングランドを徹底。ESSテクノロジーの「SABRE Premier Audio DAC(ES9006S)」や新型電源トランス、オーディオ専用カスタムコンデンサなど、高品位パーツを採用して高音質化図った。

 HDMI端子は、別の部屋でもHDMI伝送による4K/フルHD映像が可能な「HDZONE」機能を搭載。スピーカ端子は2ch分をゾーン用に設定でき、高音質なインターネットラジオや、ネットワーク機能に対応した音楽再生も楽しめる。

  • 「VSA-830」

 VSA-830は、スマートフォンやタブレットから、Wi-Fi経由でVSA-830のネットワーク/Wi-Fi設定ができる「Start-up Navi」に対応。ネットワーク接続の完了後は、「ビルトインAVナビゲーター」により、接続機器の配線接続のサポートからAdvanced MCACCによる音場設定まで、本格的なホームシアターの構築が可能だ。

  • 「VSA-830」背面

 音場補正技術Advanced MCACCに加え、バーチャルワイド、ハイト、サラウンドバック、3つの仮想スピーカの自動設定機能を搭載。各仮想スピーカは個別にマニュアル設定にも対応し、5.2chスピーカで最大11.2chの仮想音場を楽しめる。

 両機種とも、ハイレゾ音源のワイヤレス再生にも対応。ネットワーク、USBメモリ入力による192kHz/24bit音源の再生は、従来のFLAC/WAV/AIFF(2ch)に加え、Apple Lossless(2ch)とWAVの5.0ch/5.1ch(USBメモリ入力のみ)に対応。「ギャップレス再生」機能は、DSD音源にも対応した。

 Wi-Fi、Bluetoothでのワイヤレス再生のほか、Wi-Fi搭載のスマートフォンやタブレットをダイレクトにワイヤレス接続できる「Wireless Direct6」に対応。ホームネットワークに接続せずに、「iControlAV5」アプリでの操作や端末内の音楽ファイルの再生が可能だ。

 18Gbps、4K/60p 4:4:4/24bitまで、フルスペックの4K規格に対応。フルHD映像からのアップスケーリング時も、色情報を圧縮しない鮮やかな色調表現が可能だ。著作権保護規格HDCP2.2の他、CSの4K放送やBDコンテンツにも対応している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集