logo

マイクロソフト、「Windows 10」で新たなアップデートオプションを提供へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年05月07日 14時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、シカゴで開催中のITプロフェッショナル向けカンファレンス「Microsoft Ignite」の初日となる米国時間5月4日、「Windows Update for Business」というコンセプトを発表した。これは、アップデートおよびサービスの新たな仕組みであり、「Windows 10」のリリースとともに提供が開始される予定だ。

 同カンファレンスにおけるMicrosoftの基調講演(同社の発表では聴衆は2万3000人)によると、ITプロフェッショナルはWindows 10のサービスおよびアップデートのプロセスを今後も制御できるという。2018年までに10億台の機器でWindows 10を稼働させたいと望んでいるMicrosoftにとって、同OSが企業やITプロフェッショナルに受け入れられることは重要なポイントだ。

 Windows 10に移行するコンシューマーは、所有する機器のサポート寿命が続く限り無償で、同OSのすべての新機能やセキュリティアップデート、修正を定期的に受け取ることになる(ただし、「所有する機器のサポート寿命」についての詳しい定義は明確化されていない)。この場合、コンシューマーは適用するアップデートを取捨選択できない。つまり「Windows Update」を通じてすべてのアップデートが適用される。Windows 10のこのユーザーグループは「Current Branch」(現行ブランチ)を使い続けることになるわけだ。

 これに関連する情報として、MicrosoftはWindows 10のプレビュー版の提供を受け取るリングとして、現行の「Fast」(高速)と「Slow」(低速)に加え、「Ludicrous Speed」(ありえないスピード)リングを含む新たなリングの追加も検討している。これらのサービスリングを選択したユーザーは、Windows 10の新機能のテスト版や、さらに迅速かつ定期的なアップデートを受け取ることになる。

 「Windows 10 Enterprise」の顧客は「Long Term Servicing Branch」(長期サポートブランチ)の一環として、セキュリティアップデートのみを受け取る(新機能のアップデートは受け取らない)というオプションを選択できる。企業は「System Center Configuration Manager」や「Enterprise Mobility Suite」「Windows Server Update Services」(WSUS)といった既存のアップデートメカニズムを使用することで、社内のWindows 10ユーザーがこれらのセキュリティアップデートを適用するタイミングを制御できるようになる。

 今回発表されたWindows Update for Businessの対象となるのは、Windows 10のさらに別の顧客層だ。つまり、仕事でミッションクリティカルな機器やアプリを使用していないエンドユーザーである。これらのユーザーは、「Windows 10 Pro」やWindows 10 Enterpriseが稼働する機器上で無償で、新機能やセキュリティアップデートといった修正を受け取れるが、そのペースはより保守的なものとなる。こうしたユーザーは新たなWindows Update for Businessサービスを通じてこれらのアップデートや修正を受け取ることになる。

 Windows Update for Businessでは、こうした新機能や修正をいつどのようにユーザーに提供するかについて、ITプロフェッショナルがより高度に制御できるようになっている。Windows Update for Businessによって、ITプロフェッショナルはどの機器を優先してアップデートするか、またどの機器を後回しにするかを設定できる。また帯域が限られている拠点にはピアツーピアでパッチを配信できる。さらに、そうしたアップデートを管理ツールのSystem CenterやEnterprise Mobility Suiteと連携させることも可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集