logo

テスラ、家庭用および産業用蓄電池を発表

Wayne Cunningham (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年05月07日 09時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Tesla Motorsの最高経営責任者(CEO)Elon Musk氏は米国時間4月30日、蓄電池製品2種類を南カリフォルニアの同社デザインスタジオで発表した。これらの製品はそれぞれ家庭用と産業用となっている。

 このリチウムイオンバッテリモジュールは、ソーラーパネルからの電気を蓄えることができる。電力使用の非ピーク時に蓄電し、ピーク時に家庭や施設に電力を供給することで、送電網からの電力とバランスを取る。

 家庭用のモジュールは「Powerwall」と呼ばれ、7キロワット時と10キロワット時のモジュールが販売される。Musk氏によると、認定取り付け業者はこれらモジュールの購入が可能で、価格は7キロワット時モジュールが3000ドル、10キロワット時モジュールが3500ドルになる予定だという。

 産業用のモジュールとしては「Powerpack」が提供され、100キロワット時モジュールが2万5000ドルで販売される。Musk氏によると、Teslaが産業用顧客に対する取り付けを担当する予定だという。これらバッテリバックアップシステムは、Tesla Energyと呼ばれるTeslaの新しい製品ラインとして登場する。

Teslaの新しいPowerwall製品は7キロワット時モジュールと10キロワット時モジュールで発売され、家庭用蓄電池として機能する。
Teslaの新しいPowerwall製品は7キロワット時モジュールと10キロワット時モジュールで発売され、家庭用蓄電池として機能する。
提供:Tesla

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集