logo

MS、「Continuum」のデモを披露--あらゆるスマホをPC化する「Windows 10」向けツール

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2015年04月30日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは「Windows 10」で、1つのオペレーティングシステムをすべてのデバイスで動作させるという壮大なビジョンを掲げている。このビジョンをスマートフォン上で実現する鍵となるものの1つが、「Continuum」と呼ばれるソフトウェア機能だ。

 「スマートフォン向けのContinuumを使えば、あらゆるスマートフォンをPC化できると確信している」と、MicrosoftのOSグループ担当バイスプレジデントを務めるJoe Belfiore氏は米国時間4月29日、同社がサンフランシスコで開催中の開発者向け年次カンファレンス「Build 2015」で語った。

 ContinuumはWindows 10を補助するソフトウェアツールで、ユーザーが使っているデバイスの種類を検知し、そのデバイスに合わせた設定をOSが自ら行えるようにする機能を持つ。この機能は、ノートPCとしても使える「Surface」などのコンバーチブルなタブレットには欠かせないものだ。例えば、Continuumでは、ユーザーがマウスやキーボードを接続してWindows 10を使っているか、タッチインターフェースに切り替えて指やペンで入力を行っているかをその都度検知できるようになる。

 Belfiore氏はContinuumのデモで、「Windows Phone」端末をPCのモニターに接続し、Windows Phone向けの「PowerPoint」アプリがPC向けアプリのように動作する様子を見せた。同氏はこのような動作が可能になる理由について、「実際、これはPC版のPowerPointで使われているのと同じコードだからだ」と説明している。


MicrosoftのOSグループ担当バイスプレジデントを務めるJoe Belfiore氏
提供:Nate Ralph/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集