logo

アマゾン、週末旅行者向け「Destinations」を米国で開始--ホテル予約や観光情報など

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高森郁哉 (ガリレオ)2015年04月22日 12時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comは米国時間4月21日、同社のサイト経由で近場の小旅行の計画と予約を支援する新サービスを開始した。

 このサービスは「Amazon Destinations」と呼ばれ、短期間の旅行向けに、ユーザーの自宅から近い目的地のリストを提示し、ホテルの予約に加え、食事や見どころについての情報を提供する。たとえば、ニューヨークに住んでいる人は、このサイトでキャッツキル山地、ハンプトンズ、ニュージャージーショアなどのホテルを予約できる。ただし、現時点では限られた地域での提供にとどまり、このサービスを利用できるのはニューヨーク、ロサンゼルス、シアトルの各大都市圏だけだ。

 シアトルに拠点を置くEコマース企業のAmazonは、この新サービスで、すでにTripAdvisor、Expedia、Grouponといった多くの競争サイトがひしめき合う旅行サービス事業に参入することになる。その主力サイトへのアクセス数の多さから、Amazonは顧客を引き込むことができるかもしれないが、それでもなお、Kayak、Airbnb、Hipmunkを含む多数のオンライン旅行代理店に差をつけるには、相当な努力が必要だろう。

 Amazon Destinationsは、「Amazon Local」から展開する形で運用されている。Amazon Localは、地元のショップ、劇場のチケット、レストラン、エンターテイメントなどの割引を提供する同社のデイリーディールサービスを集約するサイトだ。

提供:Amazon
ニューヨークの顧客向けAmazon Destinationsページ
提供:Amazon

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集