logo

グリーンハウス、PCレスでカセットテープをデジタル化する変換プレーヤー

加納恵 (編集部)2015年04月16日 15時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • USBメモリタイプの「GH-CTPA」

 グリーンハウスは4月16日、カセットテープをデジタルデータに変換し保存できるカセットテープ変換プレーヤーを発表した。USBメモリに保存できる「GH-CTPA」と、microSDに保存できる「GH-CTPB」の2モデルを用意する。発売は4月下旬。想定税別価格は5000円になる。

  • microSDカードタイプの「GH-CTPB」

 本体にはカセットテープを入れ、USBメモリやmicroSDカードに楽曲を保存できる仕組み。曲と曲をボタン操作でわける手動分割と、曲間の無音時間を検知して分割する自動分割の2種類を備える。

 録音ファイル形式はMP3(128kbps)。オーディオ入出力端子も備え、MDプレーヤーなどの外部機器からのデジタル化にも対応する。

 サイズはUSBメモリタイプが高さ92mm×幅115mm×奥行き35mmで、重量約160g。microSDタイプが高さ84mm×幅112mm×奥行き32mmで、重力約185g。通常のポータブルカセットプレーヤーとしても使用できる。単3形電池2本で駆動するほか、USBからの給電も可能だ。

 
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集