logo

米沢生産の「ThinkPad」が米沢市ふるさと納税の返礼品に--各100台限定で

坂本純子 (編集部)2015年04月13日 15時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは4月13日、NECパーソナルコンピュータ(NEC PC)の米沢事業場で生産された「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X250」が、山形県米沢市ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)の返礼品として採用されたと発表した。また、NEC PCの「NEC LaVie Direct HZ」「NEC LaVie Direct NS(e)」も対象商品になっている。

米沢生産モデルのPC4台がラインアップする
米沢生産モデルのPC4台がラインアップする

 寄付金15万円以上でNEC LaVie Direct NS(e)、寄付金20万円以上でThinkPad X250、寄付金35万円以上に対してThinkPad X1 CarbonとNEC LaVie Direct HZがもらえる。

いずれも対象商品は各100台の限定数で、返礼品申し込みは同日より米沢市で受付を開始している。詳細はウェブサイトに記載されている。

 レノボは、2月よりThinkPad X1 CarbonとThinkPad X250の2機種をNECパーソナルコンピュータの米沢事業場で生産を開始したばかりだ。米沢市は、NECのノートPCの発祥の地であり、ものづくりの評価が高い米沢事業場において日本国内向けに生産されたレノボの製品が評価され採用に至ったという。

 なお、ふるさと納税は米沢市外の在住者が対象だ。発送は、入金確認後から約2週間程度としている。

-PR-企画特集