logo

ボーズ、リビングをコンサートホールに変えるテレビ向けスピーカ「Acoustimass 5 Series V」

加納恵 (編集部)2015年04月10日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Acoustimass 5 Series V stereo speaker system」

 ボーズは、サテライトスピーカ2つとサブウーファを組み合わせた2.1chのスピーカシステム「Acoustimass 5 Series V stereo speaker system」を発表した。コンサートホールのような広がりのある音を再現するという。発売は4月17日。税別価格は6万円になる。

  • 「Direct/Reflecting Series IIスピーカ」

 Acoustimass 5 Series V stereo speaker systemは、高さ190mm×幅83mm×奥行き88mmで、重量約1.0kgのサテライトスピーカ「Direct/Reflecting Series IIスピーカ」と、高さ355mm×幅192mm×奥行き485mmで、重量約8.5kgのサブウーファ「Acoustimass Module」から構成されるスピーカシステムだ。

 サテライトスピーカは、従来上下2つのユニットに分かれ、首を振って角度を調整する「Direct/Reflectingスピーカ」を、内部のユニットに適正な角度をつけることでワンボディ化。臨場感あふれるクリアな音楽再生を実現する。奥行の薄いスリムデザインのため、別売の専用壁掛け金具を利用すれば、壁掛け設置にも対応する。

 サブウーファには、指向性がほとんどない「Acoustimassモジュール」を搭載し、すべての音がサテライトスピーカから聞こえてくるような使い方ができるとのこと。ソファの陰など目立たない場所に設置可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集