logo

三菱電機、電源がオンオフするテレビの不具合受けソフトウェアを更新

加納恵 (編集部)2015年04月09日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は4月9日、3月29日に発生した、液晶テレビ「REAL」シリーズの不具合について、対象機種のソフトウェアアップデートを実施すると発表した。

 これは、3月29日の午前0時から正午ごろにかけて、該当テレビの視聴中または録画中に電源のオン、オフを繰り返す不具合が発生したことを受けて実施するもの。三菱電機では、地上デジタル、BSデジタル放送の電波に含まれている一部の特定放送データが正常に処理できなかったため発生した、と原因を明らかにしている。現在特定放送データの配信を変更したため、この症状は発生していない。

 ソフトウェアアップデートは、4月13日から時間帯を変えて繰り返し実施されるとのこと。放送電波を使用するため初期設定の状態であれば、自動的に更新される。

 対象となるのは2010~2015年3月までに製造した120機種、約168万台。同社では「三菱液晶テレビ相談センター」(電話:0120-752-530)を設けるほか、「お詫びとソフトウエア更新のお知らせ」をウェブサイト上に掲載する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集