logo

Apple Watchは高級時計の夢を見るか?(前編)--iPod時代から続く時計との関係 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100万を超えるApple Watch Editionの製法

 デジタル端末を作るにあたって、Appleはさまざまな手法に挑戦してきた。そしてスマートウォッチのケース製造には、時計業界最新の製法を採用した。公式サイトの動画を見ればわかるように、ケースはプレスされ、その後すべての表面を削って歪みが取られている。パネライやグランドセイコーほど手間のかかる形状ではないが(そのためプレスは極めて容易だ)、製法はまったく同じだ。確かにプレスのち切削という手法ならば、素材は硬くできるし、歪みのない面も与えられるだろう。Appleがわざわざ「特殊な冷間鍛造プロセス」と自慢するはずだ。ただ筆者の見る限り、この製法は鍛造の可能なステンレスとゴールド素材(Apple Watch Edition)にのみ採用された。鍛造に向かないアルミケース(Apple Watch Sport)はMacBookと同じく、切削だけで仕上げたはずで、つまりはそれが、ステンレスとの価格差だろう。

標準的なApple Watch。ケースはプレス成型に向くシンプルな形状だが、完全な鏡面を与えるため、表面はすべて切削される。普通、時計メーカーならば、この形状のケースを切削して仕上げることはない。風防も、この価格の時計では極めて珍しい、立体的なサファイアだ。価格は6万6800円(税別)から
標準的なApple Watch。ケースはプレス成型に向くシンプルな形状だが、完全な鏡面を与えるため、表面はすべて切削される。普通、時計メーカーならば、この形状のケースを切削して仕上げることはない。風防も、この価格の時計では極めて珍しい、立体的なサファイアだ。価格は6万6800円(税別)から
アルミケースのApple Watch Sportモデル。アルミはおそらく切削のみで成形されている。表面がヤスリがけした筋目仕上げではなく、マイクロブラスト仕上げなのは、下地の平滑さに自信があればこそだろう。ただアルミ素材と、風防に採用されたIon-Xケースの耐久性には疑問が残る。価格は4万2800円(税別)から
アルミケースのApple Watch Sportモデル。アルミはおそらく切削のみで成形されている。表面がヤスリがけした筋目仕上げではなく、マイクロブラスト仕上げなのは、下地の平滑さに自信があればこそだろう。ただアルミ素材と風防に採用されたIon-Xケースの耐久性には疑問が残る。価格は4万2800円(税別)から
ゴールドケースのApple Watch Editionモデル。ケース素材に採用されたのは、セラミックを配合した18Kである。アップルの見解によると、標準的な金の2倍の硬度を持つ、とのこと。Hublotの「キングゴールド」や<a href="http://www.alange-soehne.com/ja/" target="_blank">A.LANGE & SOHNE</a>の「ハニーカラーゴールド」と、製法こそ異なるが、目的は同じである。軽くて装着感も優秀だが、高級時計らしい重さを求める人には物足りないか。価格は128万円(税別)から
ゴールドケースのApple Watch Editionモデル。ケース素材に採用されたのは、セラミックを配合した18Kである。アップルの見解によると、標準的な金の2倍の硬度を持つ、とのこと。Hublotの「キングゴールド」やA.LANGE & SOHNEの「ハニーカラーゴールド」と、製法こそ異なるが、目的は同じである。軽くて装着感も優秀だが、高級時計らしい重さを求める人には物足りないか。価格は128万円(税別)から

 ちなみに他のスマートウォッチのケースは、40年前の「スマートウォッチ」にほぼ同じだ。具体的には、素材の大部分にプラスチックを使うか、金属を使う場合も、プレスし、その表面をヤスリがけしたものが多い。それを示すように、ほとんどのスマートウォッチは、平板な造形とツヤのない筋目仕上げ入りケースを持っている。なるほど筋目仕上げならば、プレスで生じた歪みは消せるだろう。しかし歪みのない鏡面、つまり高級感を立体的なケースに与えるのは難しい。

スチール製スマートウォッチ「Pebble Time Steel」を発表
スチール製スマートウォッチ「Pebble Time Steel」を発表

 初代iPod以降、さまざまなプロダクトに高級時計の仕上げと製法を盛り込んできたApple。実際Apple Watchを手に取った感想をいうと、ケースの仕上がりは、超高級時計もかくや、というウェブサイトの写真(あるいは画像)には及ばないが、かなり近い次元には到達した。それは多くの高級時計のケースを上回っているし、今後Appleは、さらに質を改善するだろう。多くの時計関係者が、LGやSamsung、ソニーやPebbleではなく、Apple Watchを脅威と見なすはずだ。

 もちろん筆者はこの「時計」を、ケースの完成度だけで判断するつもりも、無条件に褒めるつもりもない。次回は時計としてのパッケージングと、ハードウェアとしての弱点、そして時計業界に与えるであろうインパクトを述べたい。

Apple Watchは高級時計の夢を見るか?(後編)--弱点とアップルが試みた「再定義」

広田雅将

時計ジャーナリスト。

時計専門誌『クロノス日本版』主筆。国内外の時計賞で審査員を務めるほか、学会や時計メーカーなどでも講演を行う。一般誌、専門誌で執筆多数。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]