logo

mora、「北斗星」のラストランをハイレゾ音源で数量限定無料配信--監修は向谷実氏

加納恵 (編集部)2015年03月27日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 寝台特急「北斗星」

 レーベルゲートは3月27日、音楽ダウンロードサイト「mora」で寝台特急「北斗星」のラストランのハイレゾ音源を無料配信すると発表した。同日から配信されている。北斗星ラストラン4音源と機関車「DF200-7000」のハイレゾ音源3音源が用意され、いずれもダウンロード数が1万件になり次第終了となる。

  • 録音に使用したリニアPCMレコーダー「PCM-D100」

 北斗星は、3月13~14日で定期運行を終えた寝台特急。今回提供されるハイレゾ音源は、ソニーのリニアPCMレコーダー「PCM-D100」2台を上野駅のホームに設置し、収録したものになる。コンテンツ仕様はFLAC192kHz/24bit。音源は

  • 2015年3月13日 上野駅 入線音
  • 2015年3月13日 上野駅 出発音
  • 2015年3月14日 上野駅 到着音
  • 2015年3月14日 上野駅 車庫への回送出線音

の4つが提供されるとのこと。警笛や電気機関車のブロワー音、客車が揺れる音などが収録されている。

  • 機関車「DF200-7000」と監修の向谷実氏

 監修は鉄道ファンとしても知られる音楽プロデューサーの向谷実氏が務めており「けたたましく鳴り響く汽笛や、電気機関車のブロワー音、電源車の唸るような音、客車が揺れる音…もう聴けることのない最後の姿が、横を通過して遠のいていく、または近づいてくる様は必聴」とコメントしている。

 合わせて提供される機関車DF200-7000では、

  • アイドリング~加速~惰行~再加速音
  • 減速~停止音
  • ハイアイドルモード切替え音

の3音源を提供。通常立ち入ることができない機関室における音を収録しているという。

-PR-企画特集