logo

エプソン、4K対応ホームシアタープロジェクタ--コントラストは無限

加納恵 (編集部)2015年03月26日 16時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「EH-LS10000」

 エプソンは、4K対応のホームシアタープロジェクタ「EH-LS10000」を発表した。光源には同社初となるレーザーを使用する。発売は4月9日。想定税別価格は約80万円。

 1画素を斜めに0.5画素シフトすることで、解像度を2倍にして4K解像度を実現する「4K エンハンスメントテクノロジー」を採用。HDCP 2.2に対応し、4Kコンテンツの表示に対応する。

 レーザー光源は、遅延のないリアルタイム調光ができ、暗転する場面では瞬時に0ルーメンの完全な黒「パーフェクトブラック」を実現。DCI(Digital Cinema Intiatives)をカバーするデジタルシネマモードも備える。

 液晶パネルには、0.74型ワイドポリシリコンTFT反射型液晶パネルを搭載。「3LCD」方式を採用し、色再現性の高い映像を再生できるとのこと。付属の3Dメガネを使用すれば3D再生にも対応する。

 レンズシフトは上下90%、左右40%のシフト範囲を設け、限られたスペースでの設置を実現。投写サイズは30~300インチで、最短投写距離約2.8mで100インチの投写が可能だ。明るさは1500ルーメンで、コントラスト比は無限としている。

 サイズは高さ225mm×幅550mm×奥行き553mmで、重量約18.0kg。ボタン操作でリモコン上のボタンが約10秒光る自照式リモコンが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集