Cyanogen、8000万ドルの資金を調達--TwitterやQualcommなどから

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年03月24日 09時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleに対抗する「Android」ベースのOSを開発しているソフトウェアメーカーCyanogenが、著名な企業や出資者から巨額の資金を調達した。

 Cyanogenは米国時間3月23日、ベンチャーキャピタル会社Premji Investが主導したシリーズC投資ラウンドで8000万ドルを調達したと発表した。同ラウンドには、Twitterの民間投資部門Twitter VenturesとQualcomm、さらにはメディア界の大物Rupert Murdoch氏が参加した。Cyanogenが2009年から調達してきた資金総額は1億1000万ドルにのぼる。

CyanogenはAndroid市場でGoogleに対抗できるか?
CyanogenはAndroid市場でGoogleに対抗できるか?
提供:Cyanogen Inc

 GoogleのAndroidプラットフォームはモバイルOSで支配的な地位を占めているが、Cyanogenはそれを変えようとしている。Cyanogen独自のモバイルOS「Cyanogen OS」は、全面的にAndroidをベースにしたものだ。しかし、同社はAndroidを完全にオープン化し、ユーザーがプラットフォームの使用体験をカスタマイズできるようにしている。またCyanogen OSは、Googleが提供する標準的なAndroidビルドでは必須となっている、Googleの組み込み型サービスを搭載していない。

 GoogleのAndroidは技術的にはオープンソースのため、コミュニティーはコードにアクセスできる。しかし、GoogleはハードウェアメーカーにはOSの大部分を公開していない。そのためサムスンやHTCなどのメーカーが、同一バージョンのAndroidを搭載した競合製品と異なるルック&フィールをもたせるためには、OSにスキンを追加しなくてはならない。一方、Cyanogenはすべてのソースコードを公開し、ハードウェアメーカーや開発者が完全にカスタマイズされたAndroid体験を作り出せるようにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加