logo

オンキヨー、Hi-Fi譲りの「Smart Audio Technology」を搭載したBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2015年03月18日 16時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「SAS200」

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは3月18日、オンキヨーブランドからBluetoothスピーカ「SAS200」を発表した。スピーカを動的にコントロールする「スマートアンプ」や新開発の「ODMD(Onkyo Double-Molding Diaphgram)」振動板などを搭載する。発売は3月下旬。想定税別価格は2万5000円前後になる。

 SAS200は、40mmのスピーカ2つと80mm×40mmのパッシブラジエータ2つを搭載したBluetoothスピーカだ。本体にはスピーカを動的にコントロールするスマートアンプ、振動板とエッジをシームレスに一体化した新開発のODMD振動板を採用した新開発の「Smart Audio Technology」により、小型ながらパワフルなサウンド再生を実現。SBC、aptXのオーディオコーデックに対応し、ワイヤレスでもクリアなサウンド再生が可能だ。

 サイズは高さ53.5mm×幅180mm×奥行き59mmで、重量約740g。内蔵リチウムイオン充電池で駆動し、約8.5時間の連続再生が可能。SAS200を2台用意すれば、ステレオ再生ができる「TWS(トゥルーワイヤレスステレオ)」機能も搭載する。

  • ブラック

  • ホワイト

  • 40mmのスピーカ2と80mm×40mmのパッシブラジエータを2つずつ内蔵する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集