シャープ、登録商標「IGZO」の無効判決について上告を断念

加納恵 (編集部)2015年03月12日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、登録商標「IGZO」の無効審決取消訴訟で受けた敗訴の判決ついて、上告することを断念したと発表した。

 IGZOの登録商標無効審決取消訴訟は、2013年に独立行政法人 科学技術振興機構から商標登録の無効審判請求をされ、2014年に登録商標は無効である旨の審決の謄本を受け、審決取消訴訟を提起していたもの。知的財産高等裁判所はシャープ側の請求を棄却する判決をした。

 判決後、シャープは最高裁判所への上告等の検討を重ねていたが、知的財産高等裁判所の判断とシャープの主張との隔たりは大きいとし、上告してもシャープの主張が認められることは難しいと判断。上告しないことにしたとしている。これによって、訴訟対象となったアルファベットの「IGZO」についてはシャープの登録商標ではなくなる。

 シャープではIGZO以外にも、「イグゾー」「イグゾ―パネル」などの登録商標を有しており、引き続き使用するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加