logo

ヤフー、「Yahoo!カーナビ」でカーテレマティクス事業に参入--アプリ機能も順次強化

井指啓吾 (編集部)2015年03月11日 15時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは3月11日、スマートフォン/タブレット向けアプリ「Yahoo!カーナビ」で、渋滞情報の高品質化とドライバーの安全運転支援の強化を予定していることを発表した。また、同アプリの機能拡充と並行して“車空間のユーザー”にさらに高い付加価値を提供することを目的とし、Yahoo!カーナビと親和性の高い各領域のパートナー企業と連携する「ヤフーカーナビプラス(仮称)」構想により、カーテレマティクス事業に参入する。

  • ヤフーカーナビプラス(仮称)事業戦略図

 渋滞情報の高品質化策として、従来のリアルタイムのVICS情報に加え、同アプリが保有しているプローブ情報(同アプリ利用者がアプリを起動して実際に走行した情報)をもとにした独自の渋滞予測データの提供を4月に開始する予定。これにより、これまでカバーできていなかった道路を含む広範囲の情報が得られるようになるほか、VICSとプローブをミックスさせた情報の高密度化などが期待できる。

 安全運転支援の強化策としては、三井住友海上火災保険のアプリ「スマ保『運転力』診断」をYahoo!カーナビと連携させる。同アプリは、スマートフォンの加速度センサやGPS情報などをもとに、ドライバーの運転力を客観的に評価するというもの。この連携により、Yahoo!カーナビを起動して運転をした後、アプリ上でドライバーの運転傾向の分析/診断が表示されるようになる見込みという。2015年夏から提供する予定としている。

  • VICS(直線矢印)とプローブ(点線矢印)

  • 「スマ保『運転力』診断」結果画面イメージ

 ヤフーカーナビプラス(仮称)構想では、自動車損害保険や自動車整備などの領域のパートナー企業と、2015年夏より順次連携していくという。

 Yahoo!カーナビは2014年7月31日にサービスを開始。現在の累計ダウンロード数は300万件弱という。3月11日には国際自動車通信技術展(ATTT)主催の「第6回ATTTアワード」で、移動の快適性の向上に加え「楽しさ」や「便利さ」などの向上に寄与したものが対象となる「ナビゲーション部門」の優秀賞を受賞した。

-PR-企画特集