logo

「Galaxy S6/S6 edge」の第一印象(後編)--サムスン新端末の変更点と注目ポイント - (page 2)

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年03月06日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通知シェードを2本指で下にドラッグしても、何も表示されないようだ。以前はこのショートカットで、さらに多くのクイックアクセスコントロールを利用することができた。

 「Milk Music」「Milk Video」「S Health」など、一部のサムスン製アプリは今回もプリロードされている。こうしたアプリは、Appleの「iTunes Store」と「Health」に対するサムスンからの回答のようなものだ。「S Voice」もこれまで通りプリロードされている。サムスンやパートナーの他のアプリを利用するには、ショートカットを開いて、「Galaxy Essentials」「Galaxy Gifts」というウィジェットからアプリを選択する。Giftsには、早打ちの世界記録を保持するキーボードアプリ「Fleksy」も含まれており、S6とS6 edgeでは無料で利用可能だ。

モバイル決済にも対応予定

 サムスンが指紋リーダーの性能を強化したことで、先ごろ買収した「LoopPay」テクノロジを使用するモバイル決済機能の提供準備が整った。サムスンは「Samsung Pay」(今後この名前で知られることになるだろう)を2015年夏に提供開始する予定だが、米国以外にどの市場で提供されるかは明らかになっていない。

それ以外の注目すべき点

 Galaxy S6のバッテリ容量は2550mAhで、S6 edgeはそれより若干多い2600mAhだ。数字だけを見ると2014年モデルのGALAXY S5より少ないが、新しいCPU(とAndroid 5.0 Lollipop)によって、ある程度効率化されているのかどうか見極める必要がある。

 ハードウェアについてもう少し詳しく知りたいという人のために紹介しておくと、S6とS6 edgeは3GバイトのRAMを搭載する。GPUのスペックは公表されていない。

サムスンのGalaxy S6とS6 edgeは金属とガラスを使用している。
サムスンのGalaxy S6とS6 edgeは金属とガラスを使用している。
提供:Josh Miller/CNET

 近距離無線通信(NFC)接続と低消費電力のBluetooth 4.1をサポートするため、あらゆるタイプの非接触型決済、ストリーミングオーディオ、「touch-to-pair」(タッチしてペアリング)など、メインストリームのAndroidスマートフォンに期待されるさまざまな標準的機能に対応する(ちなみに、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のNFC機能はまだ「Apple Pay」に限定されており、他の用途に利用することはできない)。

S6 edgeの付加価値はそれほど多くない

 S6 edgeは、「全体は部分の総和に勝る」というタイプの設計だ。サムスンがこのモデルを唯一のフラッグシップスマートフォンにしなかったのは残念なことである。

 側面のディスプレイは、利用可能な機能をいくつか追加するほか、両側面を覆う曲面タッチスクリーンディスプレイの開発というサムスンの偉業を示すものでもある。しかし、その機能はNote Edgeの専用機能を備えたディスプレイ(右側面だけを覆っていた)から大幅に退化しており、スクリーンの曲面部分に情報を表示することを除けば、できることはあまりない。右側面だけに曲面ディスプレイを搭載し、2014年9月に発売されたNote Edgeに比べて、側面の傾斜がはるかに緩やかになっていることに注目してほしい。

 右側面だけという制限もなくなった。S6 edgeでは両側面が曲面になっているため、左利きの人はEdgeディスプレイを左側面に呼び出すこともできる。

 Edgeディスプレイは、情報を表示しない限り、目立たない。
Edgeディスプレイは、情報を表示しない限り、目立たない。
提供:Josh Miller/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]