logo

VRシステム「Project Morpheus」に新型試作機--120fps対応、2016年上半期商品化へ

佐藤和也 (編集部)2015年03月04日 10時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は3月4日、開発中のPS4用VRシステム「Project Morpheus」(プロジェクト モーフィアス)について、新型試作機を公表するとともに、発売時期について2016年上半期中の商品化を目標としていることを発表した。

  • 「Project Morpheus」新型試作機

 プロジェクト モーフィアスは2014年3月にPS4用VRシステムとして開発を発表。日本では東京ゲームショウ2014に出展するなど話題となっていた。

 新型試作機は米国サンフランシスコで開催中のGame Developers Conference 2015で発表されたもの。VRヘッドセットは従来機の5インチの液晶ディスプレイから、解像度1920×RGB×1080の5.7インチ有機ELディスプレイ(OLED)に変更。視野角の向上や映像の残像感、ブレを大幅に低減させることが可能になったという。それにあわせて120fpsの映像表示にも対応した。

 ほかにもVRヘッドセットに搭載していた6つのLEDの数を9つに増やすことよりトラッキング性能が向上。頭部の動きを映像に反映するまでの遅延時間も減少している。またバイザースタイルを継承しながらも、一本のバンドだけで頭部に固定する構造に変更したことに加え、さらなる軽量化も実現したという。

新型試作機装着イメージ
新型試作機装着イメージ

-PR-企画特集