logo

富士通、虹彩認証システムを搭載したスマートフォンを試作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は3月2日、スマートフォンの画面を見るだけでユーザーの目の虹彩を読み取り、ロック解除する虹彩認証システムを開発、同システムを搭載したスマートフォンを試作したと発表した。

 同システムは、赤外線LED照明で赤外線を照射、赤外線カメラで眼球部分を撮影することにより虹彩パターンを取得、登録・照合し本人確認を行う技術。従来の認証システムをスマートフォン用に小型・最適化した。虹彩は2歳頃からほとんど変化せず、偽造が困難といった特徴をもつという。

 従来の虹彩認証機能は、目と赤外線カメラの位置を10cm程度まで近づける必要があったが、Delta ID社の認証エンジン「ActiveIRIS」を採用することで、通常のスマートフォン使用時の距離でも認証が可能になった。光生物学的安全性試験(IEC 62471)を実施することで目の安全性の検証も行っている。

 同社は今後、虹彩認証技術とその多様化について研究開発を進め、2015年度内の製品化を目指すとしている。

-PR-企画特集