logo

「究極のスマートBBQカー」の実現へ--日産、クラウドファンディングで出資募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産自動車は2月27日、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて、電気自動車(EV)の認知・普及のために開発している「究極のスマートバーベキューカー」プロジェクトの新たな取り組みを開始した。

 同社は商用電気自動車「e-NV200」をベースとした、世界で初めての電気自動車によるバーベキューカーを製作。今回新たに、現状の車両に5つのバーベキュー機能を追加することを目的に、クラウドファンディングによる出資募集を開始した。

 現状の「究極のスマートバーベキューカー」には、電気グリル、冷蔵庫、シンク付きキッチン、調理道具、生ゴミ処理機が搭載。今回のクラウドファンディングでは、集まった金額に応じて、カメラ搭載型ドローン「Flying Selphie Camera(フライングセルフィー)」、超音波とアロマの効果で野外でも蚊を寄せつけない環境を作り出す「Mosquito Barrier System(蚊バリア)」、ミストシャワーの効果により車両周辺の温度を下げ快適性を高める「Refreshing Mist Shower(爽快ミストシャワー)、スマートフォンで撮影した写真や動画をその場でクルマの窓に映し出す「Smartphone Linked Display(スマホ連携ディスプレイ)」など、計5つの“夢の機能”が追加される予定。

 出資者は限定バーベキューイベントや、シークレットゲストが出席するパーティーなどに招待。2500万円の出資で限定1人に、夢の機能が実装された「究極のスマートバーベキューカー」実車のオーダーメイド提供が予定されている。

GREEN FUNDING 「究極のスマートバーベキューカー」プロジェクト支援ページ

-PR-企画特集