DeNA、遺伝子検査「MYCODE」に“祖先”が分かる新メニュー

藤井涼 (編集部)2015年02月27日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)の子会社でヘルスケア事業を展開するDeNAライフサイエンスは2月27日、遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」の検査メニューに、自身の“祖先”を知ることができる新メニュー「ディスカバリー」を追加したことを発表した。


 MYCODEは、検査キットを使って自宅で唾液を採取し、送付することで遺伝子検査が受けられるサービス。最大で280の検査項目に関する情報を知ることができる。新たに提供するのは、ミトコンドリアDNAを用いた“ハプログループ”の分析による「祖先」を加えた、全21項目の検査メニュー「ディスカバリー」(税別価格9800円)だ。

 ハプログループとは、人間の細胞内の 「ミトコンドリア」と呼ばれる器官のDNAの多型を用いて分類される遺伝的なグループのこと。このミトコンドリアは祖母から母親、母親から自分と母系を伝って受け継がれるため、ミトコンドリアのDNAを調べることで、母系の系譜を辿ることができると考えられている。


 現在は研究が進み、各ハプログループに属する人々の母系の祖先が、人類が誕生したといわれるアフリカからどのような経路で大陸を移動し、最終的に日本に辿り着いたのかが少しずつ明らかになってきている。 新メニューのディスカバリーでは、検査を受けた人がどのハプログループに属し、そのハプログループが過去にどのようなルートで日本に辿り着いたのかを解説するとしている。

 検査結果は、祖先によって判明するハプログループを表現したキャラクターと併せて提供するという。さらに体質の遺伝的傾向の一部がキャラクターに反映されることで、遺伝子(ゲノム)に刻まれたもう1人の自分である「ゲノミー」を手に入れられるとのこと。


 ディスカバリーの提供にあわせて、280項目に対応した「オールインワン280+」と、がん・生活習慣病・体質など100項目を選んだ「ヘルスケア100+」の2つの検査メニューの名称を、それぞれ「ヘルスケア」(税別価格2万9800円)、「ヘルスケアLite」(同1万9800円)に変更。「カラダ30+」は、2月27日以降は購入できなくなるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加