東京駅のプロジェクションマッピングショーが模型で再現--鉄道博物館にて展示

佐藤和也 (編集部)2015年02月26日 10時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年冬に話題となった東京駅プロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」を模型で再現した展示が、埼玉県にある鉄道博物館にて行われている。展示は期間限定で5月10日まで。

 TOKYO HIKARI VISIONは、2012年12月に行われたイルミネーションイベント「東京ミチテラス2012」の映像ショーとして実施されたもの。模型による再現展示は2014年12月に東京ステーションギャラリーで実施。今回も同様の手法で、20分の1スケールの模型に映像を投影する形となっている。

 展示場所は鉄道博物館2階のスペシャルギャラリー2。上映時間は約10分で開館時間中は繰り返し上映を行う。鉄道博物館の入館料が必要となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加