動画制作の「Crevo」が1億円を調達--ノウハウ共有や海外進出も

藤井涼 (編集部)2015年02月25日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動画制作プラットフォーム「Crevo(クレボ)」を運営するPurpleCowは2月25日、サイバーエージェント・ベンチャーズ、B Dash Venturesから総額約1億円を調達したことを発表した。また、同日付で会社名をサービス名と同じCrevoへと変更した。


Crevoのメンバー。中央が代表取締役の柴田憲佑氏

 Crevoは、アニメーション動画の制作に特化したクラウドソーシングサービス。アプリの紹介動画やチュートリアルの動画など、これまで高額な制作費がかかっていた動画を、18万円からの安価でかつ効率的に制作できることが特長だ。2014年3月にリリースし、現在は海外を中心に約800人のクリエイターが登録している。導入企業数は250社を越え、累計依頼総額は1億円を突破する見込みだという。

 Crevo代表取締役の柴田憲佑氏は「2014年は凄いスピードで、動画制作の需要が高まった。その背景には動画広告の立ち上がりや、通信環境の充実による動画コンテンツの拡大などが挙げられる。主軸事業のCrevoに社名も変更し、さらなる事業拡大のため、人員強化やマーケティング活用の強化を目的に増資をすることにした」と語る。


動画制作プラットフォーム「Crevo」

 今後は、大きく3つの取り組みに注力する。まず1つ目が動画クリエイターの育成だ。紙媒体のイラストレーターなど、これまで動画制作の経験がないクリエイターでも携われるように、Crevoでは動画制作のプロセスを分業している。こうした動きを広めるとともに、セミナーや勉強会を開催したいとしている。

 2つ目が、動画広告・マーケティングの運用支援や効果測定。制作した動画の配信や運用をサポートし、効果測定や検証をすることで、動画制作のPDCAサイクルを回し、より効果の高い動画を制作できる体制にしたいとしている。

 そして、最後が海外進出だ。Crevoは登録クリエイターの7割を海外のクリエイターが占めている。この制作フローの特長を生かして、今後はアジアや米国での事業展開を予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加