ソニー「アクションカム」が4K対応に--撮りやすくて遊びやすい

加納恵 (編集部)2015年02月24日 13時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「アクションカム FDR-X1000V」と「アクションカム HDR-AS200V」

 ソニーは2月24日、ウェアラブルビデオカメラ「アクションカム」に4K高画質モデル「FDR-X1000V」(X1000V)と長時間バッテリを採用した「HDR-AS200V」(AS200V)の2モデルを追加したと発表した。両機種ともに本体のほか、ライブビューリモコンを組み合わせたリモコンキットを用意する。発売は3月13日。

 いずれも撮像素子には総画素約1280万の1/2.3型Exmor R CMOSセンサを採用。画素の読み出し方式を、4ピクセル同時に処理していた画素加算読み出し方式から1ピクセルずつ処理する画素加算なしの全画素読み出し方式に変更することで、ジャギーやにじみの出にくい高画質撮影ができるとしている。

 X1000Vは、アクションカム初の4Kモデルだ。XAVC S形式による3840×2160ピクセルでの30p/24p、MP4形式による1920×1080ピクセル60p/30pでの動画撮影に対応する。XAVC S形式撮影時では、4K、フルHDともにビットレートを従来の50Mbpsから100Mbpsに引き上げることで、水しぶきのような微細なシーンも細部まで撮影が可能。1080/120p、720/240pでのハイスピード記録にも対応する。

 サイズは高さ51.7mm×幅24.4mm×奥行き88.9mmで、重量約89g。付属充電池で駆動し、115分の連続撮影ができる。想定税別価格は本体のみで5万1000円前後、リモコンキット「FDR-X1000VR」で6万500円前後になる。

  • 「アクションカム FDR-X1000VR」

  • 下部には三脚穴も備える

  • 充電池とmicroSDカードスロット

  • 液晶モニタ部

  • 上部には録画ボタン、ホールドボタンなど

  • レンズはカールツァイス製。ステレオマイクを搭載

 AS200Vは、XAVC SとMP4形式による1920×1080ピクセル60pの動画撮影ができるフルHDビデオカメラ。XAVC S時のみ50Mbpsの高ビットレートによる高画質撮影をサポートする。

 サイズは高さ46.5mm×幅24.2mm×奥行81.5mmで、重量約68g。小型、軽量化を実現した現行モデル「HDR-AZ1」に比べ、若干大きくなっているものの、連続撮影時間はAZ1の約80分から約115分へと長時間化した。想定税別価格は本体のみが3万7500円前後、リモコンキットの「HDR-AS200VR」が4万7000円前後になる。

 X1000V、AS200Vともに、IPX4相当の防滴性能を備え、同梱のウォータープルーフケースを使えば、水深10(AS200Vは5)mでの撮影も可能。撮影した映像をカメラが自動編集する「ハイライトムービーメーカー」を搭載し、編集が不要ですぐにSNSなどにアップロードできる。

  • 「アクションカム HDR-AS200VR」

  • 下部には三脚穴と各種端子など

  • 充電池とmicroSDカードスロット

  • 液晶モニタ部

  • 録画ボタンは後ろ側についている

  • レンズはカールツァイス製。マイクは風切音をカットする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加