logo

Dropbox、「iOS」アプリをアップデート--別アプリからファイルのアップロードが可能に

Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年02月20日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS」搭載デバイスではこれまで、「Dropbox」にほぼすべてのファイルをアップロードできるわけではなかった。アプリ内から写真を選択してアップロードできる専用のアプリを除けば、Dropboxに対応していないサードパーティーのアプリからファイルをアップロードすることはほぼ不可能だった。

 しかし、Dropboxアプリがアップデートされ、「iOS 8」の共有拡張機能を使って、どこからでもファイルをアップロードできるようになった。

 自分のDropboxアカウントにファイルを送信できるようにするには、「App Store」から最新のアップデートをダウンロードする必要がある。

 ダウンロード後は共有シートからDropboxの拡張機能を有効にするだけでいい。最も簡単な方法は、「Photos」アプリを起動して写真を選び、共有ボタンをタップすることだ。

 最下段のアイコン群を左にスクロールすると、「More」(その他)ボタンが表示される。それをタップして、「Save to Dropbox」(Dropboxに保存)の隣にあるスイッチをオンの位置にスライドする。必要に応じて共有オプションの設定を変更してから、「Done」(完了)を押す。

 共有シートに戻ると、Dropboxアイコンが表示されている。そのアイコンをタップすると、ファイルの保存場所を選択するよう求められる。2回目以降は以前の保存場所がリストに表示されるので、それほど手間をかけずに同じ処理を繰り返しやすくなる。

 次回、ファイルを開いている時に共有ボタンをタップすると、選択肢の1つとしてDropboxが表示されるようになる。

提供:Jason Cipriani/CNET
Dropboxの共有拡張機能を使って写真をアップロード
提供:Jason Cipriani/CNET
提供:Screenshot by Jason Cipriani/CNET
共有拡張機能を有効にする
提供:Screenshot by Jason Cipriani/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集