logo

Uber、シリーズE資金調達ラウンドを10億ドル拡大

Leon Spencer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年02月19日 12時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービスUberは、最新の資金調達ラウンドの額が10億ドル拡大して22億ドルとなり、ラウンドの総額が28億ドルとなったと報じられた。

 The New York Timesによると、米国時間2月18日にデラウエア州務長官に提出された書類によってUberのシリーズEラウンドにおける今回の増額が明らかになったという。

 Uberはその後、今回の動きについて認めており、同社が12月に締め切った12億ドルのシリーズEラウンドに続くものだと述べている。同ラウンドによる出資後のUberの評価額は412億ドルであったとForbesは報じている。Uberは、シリーズEラウンドにおける今後の出資に対してさらに6億ドル分の枠を残していた。しかし、高い要望に応える形で、この値が10億ドルまでふくれあがった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集