静止画が動いて見える--NTTが投影技術「変幻灯」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTは2月17日、光のパターンを投影することで静止対象が動いて見える光投影技術「変幻灯」を開発したと発表した。

 静止対象に動きの情報を投影することで、あたかも静止対象自体が動いているような知覚を生み出す技術。静止対象が動く映像をコンピュータで作成し、そこからモノクロの動き情報を抽出して対象に投影する。動きの情報と静止対象の色・形の情報を統合する視覚のメカニズムを利用して、静止対象が動いているような知覚を生み出す仕組みだ。

 プロジェクターを使って対象に映像を投影する「プロジェクションマッピング」と異なり、変幻灯は明るい場所で、投影対象が自然に見える状況で使うことが想定されている。投影される映像に関しても、プロジェクションマッピングにおいては3D技術を使って入念に製作する必要があるが、知覚の性質を利用する変幻灯では、簡単な画像処理で投影映像を製作することが可能になるという。

 同社は今後、サイネージやインテリア、エンターテインメントといった分野での応用を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加