logo

SCEJA、20周年記念PS4「00001」モデルのオークションが取引不成立も寄付は実施へ

佐藤和也 (編集部)2015年02月18日 17時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は2月18日、初代プレイステーションの発売から20周年を記念したPS4本体「PlayStation 4 20周年アニバーサリー エディション」の刻印番号「00001」のモデルをネットオークションサイト「ヤフオク!」に出品した件について、取引不成立による販売を見合わせならびに、オークション取引価格をセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付することを発表した。

  • 「PlayStation 4 20周年アニバーサリー エディション」

 この企画では当初、オークションによる収益金はSCEJAから同額を加えた上、さらにプレイステーションの思い出やエピソードの投稿により寄付額が加算される「プレイステーション愛ツイートキャンペーン」による寄付金も加えた金額を寄付するとしていた。

 オークション終了時点の最高入札額は1513万5000円となったが取引は不成立になり、販売を見合わせる形になったという。SCEJAではこの1513万5000円に、プレイステーション愛ツイートキャンペーンによる寄付金2万3120円を加えた1515万8120円を、同社団法人へ寄付するという。

 なお、この00001モデルについては、2月21日から銀座のソニーショールームに展示するとしている。

-PR-企画特集