logo

マクセル、吊り下げて聴く新スタイル「フローティングスピーカシステム」--ハイレゾ対応

加納恵 (編集部)2015年02月16日 16時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「フローティングスピーカーシステム MXSP-TGS10BK」

 日立マクセルは2月16日、ハイレゾ再生に対応したスピーカシステム「フローティングスピーカーシステム MXSP-TGS10BK」(TGS10BK)を発表した。吊り下げて聴く、新リスニングスタイルを提案する。同日から発売し、想定税別価格は20万円前後になる。

 TGS10BKは、専用スタンドから吊り下げて使用する新スタイルのスピーカ。吊り下げることで、台の上などに設置した場合に伝わる振動の影響を低減でき、よりピュアなサウンドが得られるという。

 スピーカはタマゴ型で、曲面でつながる特殊形状の振動板の効果により、音をスムーズに空間に放射できるとのこと。振動板には、東京大学とアドバンスト・ソフトマテリアルズ、日産自動車が共同開発した環動高分子材料(セルムスーパーポリマー/スライドリングマテリアル)をベースにしたコーティング材「Sound Tuning Varnish(STV)」を塗布することで、高周波数域で生じる分割振動のピークディップを低減できるとしている。

 なおタマゴ型スピーカは、ビフレステックとNHLab.が開発したものを採用している。

 9cm相当楕円シェル振動板フルレンジ動電型のスピーカユニットを内蔵し、再生周波数帯域は70~4万Hz。専用スタンドは設置場所を選ばず、スピーカを吊り下げるバンドには牛革を使用する。

 スピーカ本体は高さ200mm×幅140mm×奥行140mm、専用スタンドは高さ380mm×幅170mm×奥行き170mm。スピーカと専用スタンドあわせて重量は約1150(1台)になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集