「ラブライブ!」μ's 5回目のライブで感じた作品とシンクロした世界と言葉にならない気持ち - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2015年02月14日 09時30分

ライブステージを通じてTVアニメ2期の名シーンを再現

 2014年4月から3カ月間、TVアニメ2期を放送したあとのワンマンライブとあってか、その2期を彩った楽曲が多数盛り込まれていた。ステージも作中でメンバーたちが目指していたスクールアイドルの祭典「ラブライブ!」の本戦をイメージしたセットで、衣装もTVアニメと同様に再現されたもの。その衣装もキービジュアルにあるようなビビットカラーの衣装もあれば、青や白系統で統一した衣装、ハロウィーン風の衣装など、数曲で変わっていくほどさまざまな衣装を用意。それらをまとって歌い踊る姿にも魅了されるのだが、作品を知ると、あのときメンバーはこんなことをしていたなど、そのときのシーンがよみがえってくる。

  • 大会の「ラブライブ!」をイメージしたセット

  • 「ユメノトビラ」

  • 「Dancing stars on me!」

 幕間にはメンバーによる舞台裏を描いたドラマが上映。アンコールでもステージの袖にいるメンバーを描いたアニメーションが上映されたのだが、コール&レスポンスの観客の反応まで盛り込んだものになっているなど、こういったところからも会場をラブライブ!の世界に包み込んでいく。さらに終盤で「KiRa-KiRa Sensation!」からアンコールを挟んで「僕らは今のなかで」という流れは、ラブライブ!本大会を描いたTVアニメ2期第12話をほうふつとさせるもので、追体験できる形となっていた。


「僕らは今のなかで」
  • 「KiRa-KiRa Sensation!」

  • 「ススメ→トゥモロウ」

  • トロッコに乗って、より観客の近くで歌う一幕も

 もちろんファンもライブを彩る重要な存在。メンバーのあいさつのとき、あるいは今回ソロやデュエット曲も織り交ぜられていたが、このときにメンバーのイメージカラーのペンライトが一面に広がる光景、そしてコールは会場の広さがあるだけに壮観だ。そして恒例となっているのが「Snow halation」で、雪をイメージした白から一斉に光り輝くようにオレンジに変わるところ。同曲のアニメーションPVを再現するかのように自然発生した“お約束”なのだが、大会場で一斉に変わる光景はそれだけで見とれてしまうぐらいだ。

  • 「Snow halation」

 ちなみにこの日は楠田さんの誕生日とあって、サプライズで誕生日をお祝いしたほか、ファンがペンライトをろうそくに見立ててふーっと吹き消す演出も。ほかにもアンコールで披露された「SENTIMENTAL StepS」では、メンバーが公式グッズのペンライト「ラブライブレード!」を手にし、メンバーが振る方向にファンも合わせて振るという光景もあり、メンバーとファンが一体となってこのライブ、ひいてはラブライブ!の世界を作り上げるという思いを感じたシーンでもあった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]