富士フイルム、エントリー向けミラーレス一眼「FUJIFILM X-A2」と交換レンズを発売

エースラッシュ2015年02月06日 18時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは2月5日、ミラーレス一眼「FUJIFILM X-A2」および「Xシリーズ」の交換レンズ「フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR」を2月26日に発売すると発表した。

 X-A2は、コンパクトボディに有効画素数1630万画素のAPS-Cサイズセンサを搭載したエントリー向けのミラーレス一眼だ。AF性能の大幅な向上に加えて、シリーズ初となる175度の回転チルト式液晶モニターを搭載し、自分撮りも簡単に行える。

 カラーバリエーションはシルバー、ブラウン、ホワイトの3種類で、それぞれボディー単体(市場想定価格:5万円前後/税別)、「FUJIFILM X-A2 レンズキット」(6万円前後)、「FUJIFILM X-A2ダブルズームレンズキット」(7万5000円前後)をラインアップしている。


「FUJIFILM X-A2」

 X-A2と同時に発売となるフジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WRは、35mm判換算で24mm~84mm相当のズーム全域を、開放F値2.8の明るさで撮影可能な大口径標準ズームレンズだ。独自開発のナノGI(Gradient Index)コーティング技術でゴーストやフレアを効果的に抑制し、クリアな画像が得られるという。市場想定価格は13万円前後。

  • 「XF16-55mmF2.8 R LM WR」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加