キヤノン、約50.6Mのフルサイズカメラ「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」--ローパスレスも

坂本純子 (編集部)2015年02月06日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは2月6日、デジタルカメラ新製品を発表した。ミドルクラスの一眼レフカメラは、「EOS 5Ds」とローパスレスの「EOS 5Ds R」が登場した。キヤノンオンラインショップ価格(税別)は、EOS 5DSが46万8000円、EOS 5DS Rは49万8000円。6月に発売予定だ。ボディのみで、キット販売はない。

「EOS 5Ds」には1DSを継承し、文字のカラーはゴールドを採用。「EOS 5Ds R」は解像度を示す「R(Resolution)」を付し、文字色をシルバーにして差別化を図ったという
「EOS 5Ds」には1DSを継承し、文字のカラーはゴールドを採用。「EOS 5Ds R」は解像度を示す「R(Resolution)」を付し、文字色をシルバーにして差別化を図ったという

 いずれも「EOS 5D Mark III」の派生モデルで、約50.6メガの新フルサイズCMOSセンサ、Dual DIGIC 6を搭載する。大判プリントを前提とした撮影や商業用途にも対応できる。

 EOS 5Ds RはEOS 5Dsと同等の基本機能を持ち、ローパスフィルタ効果をキャンセルすることで超高解像度を実現できる。ただし、偽色やモアレ発生の確率が高まるため、理解した上で解像度を優先する一部ユーザーをターゲットにしているという。

 カメラ振動のブレ対策として、新機構の「ミラー振動制御システム」を搭載。さらに、レリーズタイムラグを意図的に大きく設定し、ミラーショックが収まってから露光開始を可能にする防振撮影機能「レリーズタイムラグ任意設定」が加わった。

 新たに新ピクチャースタイルに細かい部分のエッジ強調がかかりやすい「ディテール重視」を追加したほか、タイムラプス動画の対応、クロップ撮影にも対応している。

 なお、このほか同日はエントリークラスの一眼レフカメラとして、「EOS Kiss X7i」の後継モデル「Kiss X8i」と、プレミアムエントリーモデル「8000D」が発表された。このほか、ミラーレスカメラ「EOS M3」、コンパクトカメラ、ファミリー向けビデオカメラ「iVIS」もラインアップする。

一眼レフEOSに新エントリーモデルも--キヤノン、2420万画素「Kiss X8i」「8000D」
キヤノン、ミラーレスカメラ「EOS M3」--AFは約3.8倍高速化、外付けEVFにも対応
キヤノン、光学50倍ズームから自撮りもできる「N2」まで、コンパクトカメラ全8機種
キヤノン、ファミリー向けビデオカメラ「iVIS」--Slow&Fast モーション撮影も
NFCで写真を転送、TVに表示も--キヤノン、写真ストレージ「Connect Station CS100」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加