NEC、オフィスや店舗向けに無線LAN/LTE通信機能を内蔵したVPNルータ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは2月2日、店舗やオフィス向けのVPNルーター「UNIVERGE WA2611-AP」と、外付けUSB型データ通信端末を利用できる「UNIVERGE WA2610-AP」を同日より販売すると発表した。

 「UNIVERGE WA2611-AP」は、LTE通信機能(NTTドコモ)を内蔵するほか、無線LANアクセスポイント機能を搭載。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac、端末認証機能はEAP、IEEE802.1Xなどの各種端末認証をサポートし、2.4GHz帯と5GHz帯の同時通信に対応する。店舗やオフィスなどのさまざまな場所に回線工事を行うことなく設置し、効率的な通信環境を構築できるという。

  • UNIVERGE WA2611-AP

 VPNは店舗とセンタ間、拠点と本社間など、物理的に離れた場所にある拠点間の通信を暗号化するIPsec機能に対応し、IPsec機能利用時でも最大500Mbpsの転送性能を実現する。

 NECがMVNOとして提供するモバイル回線サービス「モバイルクラウド」とセット購入することで、ルータとモバイル回線の手配から導入後のサポートまでNECに一本化することができる。「モバイルクラウド」は月額1000円から。

 税別価格は、「WA2611-AP」が12万円、「WA2610-AP」が8万5000円。いずれも3月16日に出荷を開始する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加