ドコモ、3月1日から「ドコモ光」開始--ケータイ×光回線のセット割

坂本純子 (編集部)2015年01月29日 15時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは1月29日、NTT東日本およびNTT西日本が提供する光回線サービスを使った「ドコモ光」と、スマートフォンや携帯電話をセットで割安になる「ドコモ光パック」を3月1日から提供する予定と発表した。2月16日から事前受付を開始する。

 ドコモ光は、最大1Gbpsの高速通信を使い放題で利用できるサービスだ。光ブロードバンドサービスのみ利用できる「『ドコモ光』単独型」と、ドコモが提携するISP(インターネットサービスプロバイダ)のインターネット接続サービスをセット「ISP料金一体型」から選択できる。

 これにより、ドコモが光ブロードバンドサービス、インターネット接続サービスおよび携帯電話サービスを一括して提供するため、ユーザーは通信に関する問い合わせからアフターサポートまでドコモに一本化できるようになる。

 料金は、「ドコモ光」単独型の場合、集合住宅向けが月額3800円、戸建て向けは5000円。ISP料金一体型は、プロバイダによってタイプAまたはタイプBに分かれており、料金が異なる。タイプA(3月から提供開始予定)の集合住宅向けは月額4000円、戸建て向けは5200円。タイプB(6月から提供開始予定)の集合住宅向けは月額4200円、戸建て向けは5400円。ISP料金一体型で選べるISPは、順次拡大する予定としている。ほか、手数料や工事料などの初期費用がかかる。詳細はウェブサイトに記載されている。

 なお、ドコモ光パックは、ドコモ光の利用料金と「カケホーダイ&パケあえる」における「パケットパック」を組み合わせることで、「ドコモ光」とスマートフォン・携帯電話をまとめて割安に利用できるようになる。スマートフォン・携帯電話で利用するデータ通信量に応じた複数のプランがあり、データ通信量が多いプランほど割安になる。

 さらに、スマートフォンを新規契約または他社からMNPする場合は「光シェアパック」の基本プランを最大12か月間1350円(税抜)割引する「光スマホ割」も開始する。加えて、ドコモ光パックは、「U25応援割」および「ずっとドコモ割」が適用されるため、25歳以下のユーザーやドコモを長く利用しているユーザーは、さらに割安になる。

 今回の「ドコモ光」提供にあわせて、ドコモ光で利用できるドコモのインターネット接続サービス「ドコモnet」やサポートサービス「光リモートサポート」および「光訪問サポート」も新たに提供を開始するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加