logo

東芝、2015年PC春モデル--全モデルに最新第5世代インテルCoreプロセッサ搭載

坂本純子 (編集部)2015年01月26日 19時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月26日、2015年PC春モデルの新商品として、最新の第5世代CPU「インテル Core プロセッサー・ファミリー」を搭載した「dynabook T85」(税込み21万円台半ば)などノートPC 8機種16モデルと液晶一体型PC 4機種7モデル、Windowsタブレット2機種2モデルを発表した。1月29日から順次発売する。

タッチ対応の一体型モデル「dynabook D81」
タッチ対応の一体型モデル「dynabook D81」

 新商品のノートPCは、全てのモデルでインテルの第5世代CPUを搭載し、また、CPU性能を最大限に引き出す独自の技術によって、バッテリ駆動の長時間化を図った。

 「dynabook T75」(20万円前後)は約5.7時間バッテリ駆動時間が可能になるなど、15.6型液晶搭載のスタンダードノートPCでは、従来と比べて約16%長いバッテリ駆動時間を実現。また13.3型液晶搭載の「dynabook KIRA V」シリーズ(17万円台後半~)では、最大約39%長いバッテリ駆動時間を実現した。

 dynabook KIRA Vシリーズは、新入学生・新社会人向けの春の新生活に役立つ機能を強化。スマートフォンにおける、内蔵カメラの高画素化や多機能化を背景に従来比2倍の256Gバイト高速SSDを搭載した。高精細な写真など容量の大きいデータも数多く高速に保存できるよう配慮。液晶画面は、高解像度のWQHD液晶や、映り込みの少ない非光沢(ノングレア)フルHD液晶を選べるほか、1台ごとの色調整を行い、高精細な写真を高画質で楽しめるようにした。

 さらに、スマートフォンで撮りためた写真をdynabookで手軽に管理して楽しむために、自社開発の写真分類・閲覧アプリ「思い出フォトビューア」を強化。従来、iOSにのみ対応していた「写真をdynabookへ簡単にワイヤレスで転送できる機能」をAndroid OSも利用できるようにしたほか、地図上に撮影した場所を示すピンと写真サムネイルを一画面に表示する「地域分類表示機能」を新たに搭載している。

 スマートフォンとの連携機能は、dynabookに搭載の高品質スピーカをBluetooth スピーカとして利用できる「ワイヤレスミュージック機能」を追加した。スマートフォンに保存した楽曲を、パワフルで奥行き感のあるサウンドで楽しめる。東芝は、今後も、多様化するユーザーニーズに対応し、より使いやすい機能を搭載したPCと、安心のサポートを提供していくとしている。

10.1型、8.0型のWindowsタブレットも

 タブレットは、見やすい画面で快適に楽しめる10.1型の「dynabook Tab S50」(5万円台前半)と片手で持てる薄型・軽量ボディの8.0型「dynabook Tab S38」(4万円台半ば)がラインアップする。重さはS50が約555g、S38は約385g。

 いずれも高精細なWXGA液晶(1280×800ドット)、インテル Atom Z3735Fプロセッサを搭載する。センサは「GPS」「電子コンパス」「ジャイロセンサー」「加速度センサー」の4つを備えるほか、Office Home and Business 2013、リモート視聴に対応した「TVコネクトスイート」をプリインストールしている。

dynabook Tab S50
dynabook Tab S50
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集