logo

アップル、音楽分析サービスを手がける新興企業Semetricを買収--英報道

Richard Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2015年01月22日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年に買収したBeatsのストリーミング音楽サービス「Beats Music」が今後「iTunes」に組み込まれるとみられる中、Appleが音楽分析サービスの「Musicmetric」を手がける企業を買収する新たな動きに出たようだ。Musicmetricは、どのような楽曲やアーティストが聴かれ、違法にコピーされ、話題になっているかを測定するサービスだ。

 Musicmetricは英国企業のSemetricが運営する音楽分析サービスで、2008年に開始された。Musicmetricは、販売やストリーミングされる楽曲のランキングをさらに掘り下げ、P2P(ピアツーピア)ネットワークのアクティビティ、さらにはブログ、ソーシャルネットワーク、YouTubeでのレビューやコメントを調査分析している。

 音楽業界の顧客は、この分析結果を利用することで、アーティストや楽曲に関する話題を追跡できる。

 Semetricは、こうしたサービスをテレビ、映画、電子書籍、ビデオゲームの分野でも提供している。

 Musicallyによると、Appleは1月に今回の買収について英国の関係当局に通知したという。また、2014年の10月には、Appleの重役がSemetricで取締役に指名されていたという。

 今回の買収金額について、Appleは明らかにしていない。


Appleが音楽分析サービスMusicmetricを手がける英国企業Semetricを買収したという。Musicmetricは、Lorde(左)やTaylor Swiftといったアーティストに関するストリーミングやソーシャルの話題などを追跡するサービスだ。
提供:Gregg DeGuire/WireImage/Getty

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集