高速輸送システム「Hyperloop」、テスト線路を建設へ--E・マスク氏が計画を明かす

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年01月16日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 宇宙輸送を手がけるSpaceXと電気自動車メーカーTesla Motorsの両社を率いるElon Musk氏は米国時間1月15日、Twitterに投稿し、ほぼ超音速のチューブ式輸送システム構想の実現に向けて、開発を加速させる決断を下したことを何気なく明かした。この構想は、2013年8月に初めて明かされた

 Musk氏は、今も理論段階にあるこの輸送システム用に5マイル(約8.047km)のテスト線路を建設して、学生や企業が使えるようにする予定だと述べ、候補地はテキサス州だと付け加えた。おそらく走行試験に使える平坦な土地が豊富にあるからだろう。

 Musk氏は当初、自身が経営するSpaceXとTeslaのエンジニアの力を借りて、Hyperloopのアイデアを披露し、彼らの研究成果を57ページの概念書にまとめて発表した。この概念書は、世界中のメディアで取り上げられた。これまで、Musk氏はこのプロジェクトに関して、はっきりと不干渉を貫き、Hyperloopはオープンソースの共同プロセスのままだと述べてきた。Musk氏の計画、そして、テスト線路にSpaceXとTeslaの社員がさらなる協力を提供するのかどうかについて、SpaceXはコメントを控えた。

Hyperloop
Hyperloop
提供:HTT/JumpStartFund

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加