アドビ、「Flash Player」の深刻な脆弱性を修正

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年01月14日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは、「Flash Player」のセキュリティ脆弱性を修正するパッチを公開した。脆弱性のうち4件は、優先度が最も高い「Priority 1」にレーティングされている。

 同社は米国時間1月13日のアドバイザリで、今回のアップデートは「影響を受けるシステムを攻撃者が乗っ取ることを可能にするおそれのある」セキュリティ脆弱性に対処するものだとしている。

 WindowsまたはMac版のAdobe Flash Playerデスクトップランタイムを使うユーザーは、Flash Playerバージョン16.0.0.257にアップデートすることが推奨される。Flash Player(延長サポートリリース)のユーザーはバージョン13.0.0.260にアップデートする必要がある。

 Linuxシステムのユーザーは、Flash Player 11.2.202.429にアップデートする必要がある。

 「Google Chrome」と、「Windows 8」以降向け「Internet Explorer」にインストールされたFlashは、修正済みバージョンに自動的にアップデートされる。

 一方、デスクトップで「Adobe AIR」を使用するユーザーは16.0.0.245に、「Android」ユーザーは16.0.0.272にアップデートする必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加