脳トレ対戦「BrainWars」が1000万ユーザー突破--わずか8カ月で達成、新規アプリも

藤井涼 (編集部)2015年01月14日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランスリミットは1月14日、リアルタイム対戦型の脳トレアプリ「BrainWars(ブレインウォーズ)」が、1月13日に累計1000万ダウンロードを超えたことを発表した。2014年5月14日のiOS版の公開からわずか8カ月での達成となる。なお、1月14日は同社が創業してちょうど1年。


トランスリミットのメンバー。前列・右から2番目が代表取締役社長の高場大樹氏

 BrainWarsは、世界中のプレイヤーとリアルタイムに戦える脳トレアプリ。ランダムにマッチングしたユーザー同士で20秒、3ラウンドのミニゲームを解きながら、スピードや正確性などのスコアを競い合う。リアルの友人を指定して対戦することも可能だ。

 ミニゲームは「正しい記号を選択する」「矢印の方向にフリックする」など、誰でも理解できるシンプルな内容で、年代を問わず楽しめる。対戦中は画面上部のゲージバーがスコアによって左右するため、どちらがその瞬間に勝っているのかがすぐに分かる。対戦成績によってプレイヤーの“脳力パラメータ”が表示され、この数値を使った全世界のプレイヤーのランキングを見ることも可能だ。


「BrainWars」

海外比率は9割を維持、新たに「1人用」モードも

 5月にiOS版、9月にAndroid版のサービスを開始し、10月に500万ダウンロード、11月に700万ダウンロード、そして1月に1000万ダウンロードを超えた。これまで一切、プロモーションをしていないという。海外ユーザー比率が95%と非常に高く、米Google Playの「Best Game of 2014」や、中国AppStoreの「Best of 2014」に選ばれるなど、世界から高い評価を受けている。150カ国以上、8言語で展開しており、10~20代を中心に利用されているという。男女比は男性53%、女性47%。

 トランスリミット代表取締役社長の高場大樹氏は、「もともと世界に向けて作っていたが、本当に世界中の人に使ってもらえるサービスに成長させることができた。2015年はこの1000万ユーザーをベースに、いろいろな試行錯誤をしていくフェーズになる」と手応えを語る。「Clash of Clans」や「Candy Crush」のような世界の“定番アプリ”になるため、2015年以内に3000万ダウンロードを目標に掲げる。

  • ダウンロード数の推移

  • 国別のユーザー比率

  • ユーザーの性別と年齢

 そのための施策の1つとして開発しているのが「1人でじっくり遊べるモード」だ。対戦に疲れたユーザーや、そもそも対戦自体が嫌いなユーザーのために、ゲームをクリアしながらマップを進むストーリーモードを用意するという。また、当初12種類だったミニゲームは21種類まで増やしているが、「直感的で速いスピードで解ける問題が好まれている」(高場氏)ことから、時間が掛かりがちな計算問題なども、シンプルさを追求して改良を加えているそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加