コロプラ、Oculus Riftに対応した「白猫VRプロジェクト」を配信

佐藤和也 (編集部)2015年01月09日 17時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロプラは1月9日、Oculus Riftに対応したアプリ「白猫VRプロジェクト」の配信を開始した。また、Oculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ「colopad」を開発し、スマートデバイス向けにあわせて配信する。

 白猫VRプロジェクトは、スマートフォン向けゲームアプリ「白猫プロジェクト」をOculus Riftに対応させたもの。ゲームプレイ中の全てのシーンが360度視点に対応。敵キャラや超巨大なボスキャラとのバトルを、バーチャルリアリティの世界で楽しめる。なおスマホ版白猫プロジェクトとのデータ連携には対応していない。

また、colopadを使用することにより所有しているスマートフォンやタブレットがゲームパッドとして利用可能。移動や攻撃、必殺技などのアクションを指一本で操作できるという。colopadのAndroid版はGoogle Playから配信。iOS版はApp Storeにて近日中に配信開始予定としている。

  • colopadイメージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加