パナソニック、フルHDビデオカメラに新モデル--新ワイプ撮りも

加納恵 (編集部)2015年01月09日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月8日、ビデオカメラに1920×1080/60pでのフルHD撮影ができる新製品3機種を発表した。上位2機種に親画面と同時に異なるもう1つの被写体を同時に記録できる「ワイプ撮り」機能を備える。いずれも発売は1月23日。

 発売されるのは、高速・高精度でのオートフォーカス(AF)を実現する「HDハイプレシジョンAF」を搭載した上位機「HC-W870M」(想定価格:10万円前後)と、コンパクトタイプの「HC-W570M/V360M」(同:7万2000円前後/4万8000円前後)になる。

  • 「HC-W870M」

 HC-W870Mは、1/2.3型MOS固体撮像素子を搭載し、静止画とAVCHD、MPEG-4 AVC形式の動画記録をサポートするフルHDビデオカメラだ。エンジンには処理速度に優れた「クリスタルエンジン」を採用する。

 フォーカスレンズを細かく駆動する新開発の微細駆動フォーカスユニットを導入したことで、被写体の動きに遅れずに追従し、パンニング時にもピントを合わせ続ける「HDハイプレシジョンAF」を搭載し、AFの精度を向上している。

 光学20倍、iA50倍のズームも備え、サブカメラでも2倍の電子ズーム撮影が可能。本体には64Gバイトの内蔵メモリのほか、SD/SDHC/SDXCカードスロットを搭載する。

 サイズは高さ73mm×幅65mm×奥行き161mmで、重量約447g(バッテリ使用時)。映像の明暗差を補正して自然な明るさの映像を記録する「HDR動画モード」を搭載する。

  • 「HC-W570M」

 HC-W570M/V360Mは、1/5.8型MOS固体撮像素子を搭載し、静止画とAVCHD、MPEG-4 AVC形式の動画記録をサポートする。

  • 「HC-V360M」

 HC-W570Mが高さ62mm×幅60mm×奥行き129mmで、重量約311g、HC-V360Mが高さ59mm×幅53mm×奥行き121mmで、重量256g(いずれもバッテリ使用時)のコンパクトサイズを実現した。HC-W570Mは32Gバイト、HC-V360Mは16Gバイトの内蔵メモリとSD/SDHC/SDXCカードスロットを装備する。V360Mはワイプ撮りには対応していない。

 ワイプ撮りは、スマートフォンで撮影した映像を本製品にWi-Fiで送信して子画面に表示し、本製品のメインカメラで撮影した親画面の映像と同時に記録する「ワイヤレス ワイプ撮り」に対応。ワイプ撮り時にメインカメラの映像のみを別ファイルで保存できる「ワイプ無し映像同時記録」や撮影者の声をクリアに記録する「ナレーションモード」なども搭載し、より使い勝手がよくなっている。

 W870MとW570Mは、Wi-Fiも備え、撮影した動画から数枚のベストショットを自動的に切り出し、1枚の写真にして、かんたんにSNSにアップロードできるほか、スマートフォンと組み合わせて「ベビーモニター」としても使える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加