logo

触れないことで木々が育つ、育成ゲーム風のスマホ依存防止アプリ「Forest」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Forest(Ver.1.2.2)
金額:無料(2014年12月12日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:forestapp
使用端末:Nexus 5
おすすめ度:★★★★☆

 「Forest」は、スマホの利用を抑制する効果を持った育成ゲーム風アプリだ。植えた種が木に育つまでの30分間、うっかりスマホを操作すると木が枯れてしまうというルールを採用しており、気づいたらスマホをいじっているというスマホ依存症の人でも、強制的に仕事や勉強に集中するためのツールとして活用できる。

 遊び方、もとい使い方は一般的な育成ゲームを模しており、起動画面で「Plant」というボタンをタップすると30分のカウントダウンが開始される。そのまま30分間何もしなければ、種から芽が出て木に育ち、無事にゴールを迎えられる。これを繰り返すことにより、アプリ名にもあるように、Forest(森)がすくすくと育っていく仕組みだ。

 しかしこの30分間にメールやSNSのチェックなど、うっかり別のアプリに切り替えてしまうと、その時点で芽が枯れ、ゲームオーバーになってしまう。そのため、集中して取り組まなくてはいけない作業の前に本アプリを開始することで、むやみやたらとスマホを触るのを防ぐことにつながり、結果として作業がはかどるというわけだ。

  • ホーム画面。ちなみにiPhone版もあり、そちらは日本語化されている

  • ボタンを押すと30分のカウントダウンが開始される。開始後は別のアプリに切り替えるのはNG。ちなみに30分という時間は固定されており変更できない

  • うっかり別のアプリに切り替えると、その時点で木が枯れてしまいやり直しとなる。なお試した限りでは、端末のスリープや、アプリの切替画面を表示するのは、とくに影響しないようだ

 起動中にどうしても表示しなくてはいけないアプリがある場合は、ホワイトリストに登録しておくことで、対象から除外できる。また、ポップアップで何らかのメッセージを通知するアプリは、ポップアップが表示されることでアプリが切り替わったとみなされる場合があるので、こちらも同様にホワイトリストに登録しておくとよい。

 無事クリアしたあとの画面が淡々としていて達成感にいまいち乏しいこと、また時間が30分で固定されていて変更できないといった問題はあるが、発想はユニークで、スマホ依存を自覚している人が、楽しみながらスマホの利用を抑制するにはぴったりだ。今後の進化が楽しみなアプリで、同様のアイデアを活かしたアプリの登場も期待したいところだ。

  • 30分我慢してクリアすると無事に木が育ち、達成メッセージが表示される。やや淡々としており、もう少し張り合いのある演出が欲しいところ

  • 達成した回数に応じて植樹される。ここでは3回達成したことを示している

  • どうしても途中で表示しなくてはいけないアプリや、ポップアップ通知を設定しているアプリは、ホワイトリストに登録しておくことでお目こぼししてもらえる

>>「Forest」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集