音楽サービスの新会社「LINE MUSIC」発足--エイベックスやソニー・ミュージックと

藤井涼 (編集部)2014年12月12日 14時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINE、エイベックス・デジタル(ADG)、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)の3社は、新たな音楽ストリーミングサービスの立ち上げに向けて、12月11日に共同出資による新会社「LINE MUSIC」を設立したことを発表した。

 LINE MUSICでは、ADGとSMEの持つコンテンツや音楽サービスの実績や、LINEが持つユーザー基盤やスマートフォンサービスの開発・運営経験など、各社が持つ経営資源を生かした音楽配信サービス「LINE MUSIC」について、具体的な協議を進めていくとのこと。サービスの詳細などは今後改めて告知するとしている。

 新会社の資本金は4億8000万円で、株主構成はLINEが40%、SMEが40%、ADGが20%。LINE上級執行役員CSMOの舛田淳氏が代表を務める。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加