オンキヨー、再生品質にこだわったアナログレコードプレーヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは12月11日、再生品質にこだわった、マニュアルレコードプレーヤー「CP-1050」を発表した。2014年1月下旬に発売する。想定税別価格は5万円前後。

 CP-1050は、アナログレコードに刻まれた音楽を余すことなく再生することを目標に、基本性能の充実を図ったマニュアルレコードプレーヤー。正確で滑らかな回転を得るため「クォーツロック・ダイレクトドライブ方式」を採用したほか、減速機構を持たない「超低速ブラシレスDCサーボモーター」を搭載した。

 ターンテーブル部には、共振を抑える「アルミダイキャスト製プラッター」を用い、トーンアーム部には、軽針圧カートリッジでも音溝に正確に追随する、高感度スタティックバランス式S字アームを採用した。外部振動を抑える、高さ調整可能なインシュレータ、針先の上げ下げが容易にできるアームエレベーション機構も装備している。

 キャビネットには、スピーカにも使用する強固なMDF材を使用した。サイズは高さ158mm×幅450mm×奥行き367.5mmで、重量は約8.6kg。背面にRCA金メッキ音声出力端子を備える。


「CP-1050」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加