オンキヨー、仏Cabasse製のトールボーイスピーカなど2シリーズを発売

加納恵 (編集部)2014年12月10日 16時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーマーケティングジャパンは12月10日、仏スピーカブランド「Cabasse(キャバス)」製のスピーカシステム「TRADITION MC40/MT32」シリーズを発売すると発表した。2015年1月中旬から発売する。

 Cabasseは、1950年にフランスで設立されたスピーカブランド。Hi-Fiシステムから映画館などの業務用システムも手がける。発売されるのはTRADITION MC40シリーズ2モデルとTRADITION MT32シリーズ3モデルだ。

 TRADITION MC40シリーズは、Cabasse製として世界的に定評のある「TC23」同軸ドライバを継承した2ウェイモデル。トールボーイタイプの「JAVA」(税別価格:18万円/1本)とセンタースピーカの「CABRERA」(同:13万5000円/1本)をそろえる。

  • TRADITION MC40シリーズ「JAVA」

  • TRADITION MC40シリーズ「CABRERA」

 TRADITION MT32シリーズは、MC40シリーズのサウンド設計を継承したスタンダードモデル。トールボーイタイプの「JERSEY」(同:8万5000円/1本)、センタースピーカ「SOCOA」(同:6万5000円/1本)、ブックシェルフスピーカ「ANTIGUA」(同:9万5000円/2本)の3タイプを用意し、それぞれEbonyとWalnutの2色をラインアップする。

  • TRADITION MT32シリーズ「JERSEY」

  • TRADITION MT32シリーズ「SOCOA」

  • TRADITION MT32シリーズ「ANTIGUA」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加