SSLv3脆弱性「POODLE」、TLSにも影響--グーグルの専門家が指摘

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年12月10日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleに所属するSSL専門家のAdam Langley氏は米国時間12月8日、自身のブログで多くのTLS実装に対して警告を出した。以前明らかになった、SSLバージョン3(SSLv3)に影響する「POODLE(Padding Oracle On Downgraded Legacy Encryption)」攻撃と同じような攻撃につながる脆弱性を含んでいるという。

 SSLv3は、CBCモードの暗号でデータのパディングを効果的に特定しない。そのため、ブロック暗号の整合性をきちんと確認できず、「パディングオラクル攻撃」を可能にしてしまう。SSLv3の後、仕様はTLSと改名され、バージョン1になった。TLSv1の変更点の1つとして、パディングオラクル攻撃を防ぐためのパディング処理を改善した。

 だが、TLS実装でもパディングバイトのチェックは完全ではないという。多くのTLS実装がSSLv3ソフトウェアを利用しているに過ぎず、TLS実装としては機能するがエラーのチェックはできない。

 POODLE脆弱性を悪用した攻撃が広い範囲で(狭い範囲でも)悪用されたという報告はないが、Googleをはじめ多数の企業はSSLv3接続へのフォールバックを停止し、最終的にはSSLv3のサポートをまるごと停止する作業を進めている。公式にはSSLv3は非推奨となっているが、サポートは継続されてきた。

 脆弱なTLS実装については、F5 NetworksとA10 Networksの両ネットワーク機器が影響するとLangley氏は報告している。F5はアップデートを公開しており、A10もアップデートを計画していたが、A10からの確認は得られなかった。

 Langley氏は結論として、「TLS 1.2はAEAD暗号化スイートを利用しているが、これより古いシステムは暗号の観点から見て問題がある」としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加