米ヤフー、2014年の検索キーワードランキングを発表--1位は「エボラ」

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年12月04日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooは「Year in Review for 2014」(2014年の総括)を発表し、「Ebola」(エボラウイルス)が2014年に最も検索されたキーワードだったことを明かした。エボラ出血熱はアフリカ諸国で猛威を振るい、米国と欧州でも散発的に感染者が出た。2位は、9月に開発元がMicrosoftに買収された人気ビデオゲーム「Minecraft」だった。

 例年と同様、旬の有名人が多数ランクインし、Ariana GrandeとJennifer Lawrence、Kaley Cuoco、Kim Kardashian、Miley Cyrus、Jennifer AnistonがYahooのトップ10に名を連ねた。Disney映画「Frozen」(邦題「アナと雪の女王」)はYahooの検索キーワードランキングで7位に入った。


提供:Business Wire

 Appleの新型「iPhone 6」は9位に入った。Yahooによると、「iPhone」はこの5年のうち4年で、検索キーワードランキングのトップ10にランクインしているという。

 Yahoo Web Trendsの専門家であるVera Chan氏は電子メールの中で、「毎年、音楽的才能に優れた清純な少女のような典型的な検索キーワードが繰り返し登場する。2014年だと、Ariana Grandeがそれに当てはまる。Ariana GrandeはNickelodeonの元スターで、Billboardチャートでの成功により、2014年の検索キーワードランキングで3位になった。いつものように、文化的なムード(私たちの頭にこびり付いて離れないことのリストにもランクインした『Frozen』)やソーシャルメディアプロモーション(Kim Kardashianと彼女の『Break the Internet』)、政治的または社会的な災害や懸念(1位のEbola)、そして、最後になるがテクノロジの進歩も名を連ねた」と述べた。

 テクノロジ関連の検索キーワードランキングの1位はiPhone 6で、サムスンのスマートフォン「GALAXY S5」と「GALAXY Note 4」がそれに続いた。4位はスポーツカメラの「GoPro」、5位はAppleの「iPad mini」、6位はMicrosoftの「Xbox One」だった。その後には、Amazonの「Kindle」、ソニーの「PlayStation 4」、Appleの「iPad Air」、Microsoftの「Surface Pro 3」が続いた。

 さらに、ユーザーは最新のニュースに遅れないようにするため、Yahooを使って、俳優兼コメディアンのRobin Williamsさんの死去、2014年の中間選挙、人気の高い有名人の流出写真、マレーシア航空370便の消失、ミズーリ州ファーガソンで起きたMichael Brownさんの射殺事件に関する情報も検索した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加