logo

JVC、ビデオカメラ新「Everio」に大容量バッテリを搭載--全天候型モデルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは12月2日、JVCブランドより、タフボディに大容量バッテリを備え、連続5時間の撮影が可能なハイビジョンメモリームービー「Everio(エブリオ) GZ-RX500/R300/F100」の3機種を発表した。12月中旬から順次発売する。

 想定税別価格は、防水、防塵、耐衝撃、耐低温の「GZ-RX500」が8万円前後、「GZ‐R300」が7万円前後。耐衝撃、耐低温の「GZ‐F100」が6万円前後となる。

  • 「GZ-F100」

 3機種とも、1.5mの耐衝撃性能と、マイナス10度の耐低温性能を備え、大容量バッテリ搭載により、連続5時間の撮影が可能。光学40倍ズームに加え、ダイナミック60倍ズームを搭載し、遠くの被写体もより大きく撮影できる。総画素数251万画素、高感度裏面照射CMOSセンサを搭載し、暗い室内でもノイズの少ない、フルHD撮影が可能だ。

 32(RX500は64)Gバイトの内蔵メモリとSDメモリカードスロットを装備。さらに、GZ-RX500/R300は、JIS防水保護等級8級相当の防水性能と、JIS防塵保護等級5級の防塵性能を備え、アウトドアでの使用にも最適だ。

  • 上段「GZ-RX500」、下段「GZ-R300」

 GZ-RX500のみWi-Fiに対応し、専用アプリ「Everio sync.2」をインストールしたスマートフォンやタブレット端末から、録画やスタートやストップ、ズームなど、本機の操作が可能。インターネット経由での操作やモニタリングにも対応する。本機で録画した動画や静止画を「Wi-Fi Direct」やインターネット経由で、スマートフォンやタブレット端末に転送することも可能だ。

 いずれもサイズは高さ59.5mm×幅60mm×奥行き122mmで、重量約288(RX500は292)g。GZ-RX500はブラックとピンクゴールド、GZ‐R300はオレンジ、ブラウン、ホワイト、GZ‐F100はにブラウン、ピンク、ホワイトのカラーバリエーションをそろえる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集