東京メトロと都営地下鉄の143駅で無料Wi-Fiサービス--12月1日より開始

佐藤和也 (編集部)2014年11月26日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都交通局、東京メトロ、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)は、東京の地下鉄143駅で、無料Wi-Fiサービスを12月1日の始発より開始することを発表した。

  • 無料Wi-Fiが利用できる駅に掲示されるポスター

 この取り組みは、2020年東京オリンピックならびにパラリンピック競技大会を見据え、外国人利用者が多く見込まれる地下鉄駅に対応する。外国人向けとしているが、日本人でも利用可能となっている。

 システムはNTTBPの「Japan Connected-free Wi-Fi」を使用。サービスはiOS/Android 対応の専用アプリ、またはブラウザ経由で登録することによって利用できる。1回の接続につき3時間利用でき、回数制限はない。SSIDは、都営地下鉄の駅が「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」、東京メトロの駅が「Metro_Free_Wi-Fi」。無料Wi-Fiの利用可能な駅には、ポスターが掲示している。

 また、このシステムに東京都交通局と東京メトロが参画することによって、一度登録するとすでに同システムを導入している都営バスのほか、全国の主要空港などの施設において無料Wi-Fiをログイン不要で利用できるという。

利用可能な駅一覧
利用可能な駅一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加